副業シリーズ・会社員やりつつ起業にチャレンジしよう!!

起業イメージ

日本は今、副業ブームになりつつあると思います。とくにコロナ禍になり業種によっては売上・収入がかなり減ってしまったことで、副業あるいはオンラインビジネスを始めるという人が多くなってきています。

大手起業も副業を認めるようになってきていることから、副業ブームに火が着きました。ちなみに私も本業以外にいくつかのビジネスを立ち上げてます。

焼き鳥屋しんげん
副業って何から始めればいいんだ?オラわからんよ。

いざ副業を始めようといってもどんな副業があるのか、何から始めればいいのかわからない方って多いと思います。なのでここでは副業のはじめ方やその種類、そしてお勧めの副業について伝えたいと思います。

副業の種類とは?

種類イメージ

さあ、副業を始めよう!といっても何があるの?と思っちゃいますよね。ここでは副業の種類についてお伝えします。

労働型副業

労働イメージ

副業で1番てっとり早く稼げるのが労働型副業です。簡単に言えば時間給のアルバイトです。特に人材が不足しているのが工場内作業や飲食店、夜間警備などではないでしょうか。

これらの職種の募集はどこの募集サイトを開いても必ず募集されているというくらいの、人材不足で困っている職種です。特徴として作業内容はさほど難しくないが、単純労働なので長時間だと退屈になりがちということがあげられます。

しかしながら単純労働でも工夫を見出して、より作業を効率化することで他人よりも良い結果を残すという人もいると思います。あなたがもしそのタイプならばもっと上(その場で地位の高い立場になるかさっさとやめて違う仕事を探すか)を目指すべきだと思います。

労働型副業の大きなメリットとしては「確実にお金が手に入る」ということです。当然時間給(日当)で契約して働くので、労働時間数x時間給の金額は間違いなく稼げるということです。

その一方、デメリットとしては「自分の時間を売る」ということです。つまり自由な時間が働いた分なくなるということです。

昼間、会社で汗水たらして営業に明け暮れ、夜帰ってきたら急いでご飯を腹に詰め込み、深夜営業のレストランへ出勤。

午後9時〜翌午前2時まで勤務して急いで帰宅。午前3時過ぎにやっと就寝。午前6時起床、同7時には満員電車に押し込められ出勤。

というようなかなりタイトで厳しい生活になってしまうことになりがちです。本業がそれほど体力的に厳しくなければなんとかやっていけるかもしれません。

ただ働いた分は確実にお金がもらえる、しかも深夜ならば時間給も高いのでより多くの収入が期待できます。体力に自信がある、頭よりも体が先に動くタイプなどというならば、この労働型副業は向いているかもしれません。

スキル型副業

スキルイメージ

最近、主流となっているのがスキル型副業です。あなたの持っている技術を活かして稼ぐ方法です。この副業は基本インターネットを利用して集客する方法です。

例えばあなたが「人の似顔絵を描くことが得意」だとします。あなたが似顔絵を描く副業をしたいと思って、自宅に「あなたの似顔絵描きます!」などという、のぼりをたてたり、駅前でビラ配りしても集客はできないでしょう。

なので今はインターネットを利用した集客が主流です。具体的に言うと「似顔絵を描いて欲しい」という欲求を持つ人と「似顔絵描けるぞ!」という技術者をマッチングさせるサイトがあるんです。それがLancersとクラウドワークスです。

Lancersにもクラウドワークスにもいろいろな種類の仕事があります。まずはどんな仕事があるのかだけも見てみることをお勧めします。あなたの得意分野の仕事があるかもしれません。ちなみに登録だけは無料です。


副業に適したLancersの詳細はこちらから

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」
 

スキル型副業の大きなメリットはなんといっても「自分の好きな時間に仕事できること」です。言い換えれば時間に縛られないということですね。労働型副業と違って時間に縛られることがないので、子供が小さかったり、親の介護をしたりしなければならない状況でも報酬を得ることが可能になります。

一方デメリットとしては「安定した収入が約束されない」といういことです。スキル型副業はどうしても、ネットでの集客になってしまうので、集客がうまくいかなければ当然収入になりません。

労働型副業は基本、雇われている立場なので確実に給料は入ってきます。日給であったり月給であったり報酬の受け取り方法は様々ですが、働いた分を計算すればおおよそ月収がわかるので出費の計画を立てやすいですね。

スキル型副業は月によって収入が上下する可能性が大きいので、例えば車のローンを組むなどの出費計画は立てづらいでしょう。

とは言えどもスキルが上達すれば労働型副業よりも大きく稼ぐことも可能になるので、うまく行けば車買えちゃうくらいの収入が数ヶ月で稼げてしまう事例も珍しくはありません。

お金をかけずに始めるオススメ副業はネットビジネス

お金イメージ

お金をかけずに始めることができる副業はネットビジネスです。しかし肝心のパソコンがなければ購入する資金が必要になります。また多少のパソコンを使う知識は必要なので、全く使ったことがないというならば、ハードルが高いかもしれません。

しかし多少なりともパソコンを使ったことがあり、メールのやりとりやワード・エクセルなどで書類を作れるくらいのことができるならば、ネットビジネスは十分できると思います。

ネットビジネスって具体的に何やるの?

焼き鳥屋しんげん
ネットビジネスってぐた的に何やるの?

ネットビジネスの副業って具体的に何をやるか?結構様々な種類があります。以下のようなものがあります。

  • データ入力
  • ブログ作成(記事)
  • 画像作成(ロゴ・マーク・ポスター・チラシなどのデザイン、似顔絵など)
  • 動画作成・編集(You Tube用、会社・組織のPRなど)
  • 楽曲作成(オリジナル曲、効果音など)

ざっとあげてこんなものでしょうか。

おそらく1番ハードルが低いのがデータ入力です。エクセルを使って行うことが多いようです。それほどスキルを必要としないことが多い分、報酬も低めに設定されがちです。

画像や動画、楽曲の作成・編集はネットビジネスでは花形といっていいかもしれません。特にYou Tubeなどの動画コンテンツが主流になりつつある時代、また広告も今やテレビよりもネット広告の方がお金が注ぎ込まれている時代、特に画像・動画編集のスキルは非常に求められています。

これらのスキルは独学で身につけることも可能ですが、やはりスクールなど(オンラインも含む)で習得したほうが早いと思います。これらのスキルに必要なのはパソコンのアプリケーションです。

Adobe社のPhotoshop(画像加工・編集)、Illustrator(画像作成)、Premiere(動画作成・編集)これらが必要となります。ちなみにこちらはサブスクリプション(月額課金)で使用することができます。

Adobe社の公式サイト

ちなみに上記3つのアプリケーションはそれぞれ単体でサブスクすると1つあたり2,728円かかってしまいます。Adobe社のすべてのアプリケーションが使えるコンプリートプランだと6,278円とお得になります。私はコンプリートプランを使用してます。

とりあえず静止画だけしか作らないというならば、PhotoshopだけあるいはIllustratorと2つだけならば安く済みます。

ブログ作成がおすすめ

ブログ書くイメージ

あなたがもし画像や動画作成・編集に興味がないというならば、おすすめはブログ作成です。自分でブログを作成し運営できればいいのですが、まだなれていないのならばまずは、ブログ記事作成を募集している会社(個人含め)と契約し、あなたの得意分野の内容の記事を作成し納品することです。

これらは基本パソコンさえあれば無料でできるので資金を必要としません。

焼き鳥屋しんげん
でもブログ記事作成を募集している会社ってどうやって見つけるんだ?

ネットビジネスは基本的にネット上で完結するビジネスを「募集する会社(人)」「仕事したい人」を結びつけるサービスがいくつかあります。最も大手は先程も紹介しましたLancers(ランサーズ)です。

副業に適したLancersの詳細はこちらから

それともうひとつはクラウドワークスです。どちらも登録は無料なのでまずは登録してみてどんな仕事があるかだけでもチェックしてみれば、自分にもできそうな仕事が見つかると思います。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」
 

これら2つのサイトには本当にたくさんの募集があります。あなたの得意そうな分野の記事作成の募集があれば積極的に申し込んでみましょう。以外と簡単にできますよ。報酬もこれらのLancersやクラウドワークスが間を取り持ってくれるので、安心して仕事に集中できます。

スキルが身についたらブログ(サイト)運営(物販)

これらを経験し、ネットビジネスのスキルが身についたら今度は自分自身のブログを開設し、運営して稼いでみませんか。一般的にはアフィリエイトという手法で収入を得る方法です。うまく行けば月に数千円から数十万円稼ぐことも可能です。

焼き鳥屋しんげん
アフィリエイトってなんじゃ?聞いたことあるけどよくわからんわ・・・

アフィリエイトとは簡単にいうと紹介報酬です。例えばあなたのブログ上でキャットフードを紹介したとします。そしてあなたのブログを見た人がそのキャットフードを欲しいと思い、リンクをクリックして購入した時点であなたに紹介手数料つまりアフィリエイト報酬が発生するのです。

金額はものによって変わりますが、数円〜高額なもので数万円というものまであります。

焼き鳥屋しんげん
マジか!!オラもブログ作るぞ!!でもどうやって紹介するのさ?

商品を紹介するためにはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)という会社と契約する必要があります。詳細は別記事で書きたいと思いますが、有名なところではA8やアフィリエイトB、もしもアフィリエイトです。

どこでも無料で登録できます。お金は一切かかりません。おすすめなのはもしもアフィリエイトです。初心者でもわかりやすい解説などのコンテンツが豊富なので、無理なく始めることができます。

さらにもしもアフィリエイトでは、Amazonや楽天の商品も紹介できるので、例えばあなたが過去に楽天で購入したキャットフードなんかもおすすめできるということです。Amazonや楽天は利用者数も多いので収益に繋がりやすいです。まずはもしもアフィリエイトを登録してみてはいかがでしょうか。無料ですのでね。

もしもアフィリエイト

ブログは無料ブログでいいの?

ブログ開設にはライブドアブログやアメーバブログ、はてなブログなどの無料のプラットフォームを使えば簡単に作成できます。しかしながらこれらの無料のプラットフォームは制限があるため、あなたの書く記事の内容によっては突然消されてしまうことがあります(特に性的描写や暴力的表現など)。

またアフィリエイトリンクを作るにも制限があることもあります。要するに自由度が低いのです。

もちろんはじめは不安だから無料ブログからはじめてもいいのですが、慣れてきて「やっぱ自分の独自のブログの方がいいなあ」とか思ったとき、移行するのが結構めんどくさいです。だったら最初から少し手間はかかっても自分独自のブログを立ち上げた方が、その分覚悟もできるのでより思い入れが強く、運営にも本気になるのではないでしょうか。

自分独自のブログを作るのにお金ががかかるの?

自分で独自のブログを立ち上げるには多少のお金がかかります。まずはレンタルサーバーと契約する必要があります。レンタルサーバーとはあなたのブログ記事や情報を保管しておく「倉庫」のようなものです。

今は倉庫もレンタルでたくさんありますよね。それと同じです。ちなみに私が使っているレンタルサーバーはさくらいインターネットのサービスを利用してます。私はスタンダードプランで初期費用1,048円月額524円でスタートさせました。

月額は524円なのでサイゼリヤのランチくらいの価格です。

他に独自ドメインというものを取得する必要があります。独自ドメインとはわかりやすくいうと住所みたいなものです。具体的にいうと

  • amazon.com
  • yahoo.co.jp
  • rakuten.co.jp
  • yoshinoya.com
  • yamadalabi.com

とかこういう感じのものです。前の部分例えばamazon.comでいうと「amazon」の部分は自分で好きな文字を入れることができます。後の部分の「.com」の部分も好きな文字は入れられませんが、「.co.jp」だったり「.info」「.org」など予め用意されているものを選ぶことができます。

ちなみにこのブログは「noda-life.com」です。あなたの好きな文字を入れられるので独自感が出てきっと楽しくなると思います。ただしすでにあなたの好きな文字が使われていたら、使用することはできません。金額は1年契約で安いもので2,000円弱くらいです。

このレンタルサーバー代とドメイン取得代で月額に換算すると700円弱です。これだけであなた独自のブログを運営できるのであれば安いものではないでしょうか。逆に高いと思うならばブログ運営にあなたは向いていないと思います。

ブログは資産になる|不労所得も可能に

資産イメージ

ブログのいいところは「資産」になるということです。ただし最初はまったく利益には繋がりません。時間がかかります。少なくとも半年から1年くらいは覚悟しておいた方がいいでしょう。

しかし役立つ情報を積み重ねていけばあなたのブログのファンが増え利益に繋がることも全然あり得ます。書いたブログは資産になります。それは半永久的に残り、あなたに不労所得をもたらしてくれることもあります。

ちなみに私が書いたとあるブログは月1〜5万円は着実に不労所得をもたらしてくれます。

ただ何度もいいますがブログで収益を得るためには時間がかかります。てっとり早く利益を得たいならば労働型で稼ぐべきです。労働型で稼ぎつつ、スキル型も同時進行で進めていく方法も十分ありです。

あなたに適した生活スタイルの副業が見つかる参考になれば幸いです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です