国道16号沿「とんQ」レビューしてみました

国道16号沿「とんQ」レビューしてみました

とんQ店舗画像

おいしいとんかつって食べたくないですか?とんかつは日本の文化です!(私が勝手に思ってる)

野田市でもとんかつやさんはいくつかあるのですが、今回友人より「16号沿いのとんQって行ったことある?」と聞かれたことをきっかけに(私も友人も行ったことがなかった)行こうということになり、行ってみました。というわけでエラソーにレビュー。

「とんQ」さん(以下継承略します)っていつ野田市にできたか覚えてないんですけど、気づいたらありました(^^)。16号沿いは飲食店は少なくなく、このとんQは目立たぬイメージでした。

でも新聞の折り込みで地元の情報誌「プレステン」で度々掲載されていたので、気になって調べてみました。



農林水産大臣受賞の「やまと豚」

やまと豚断面画像

とんQのとんかつの豚肉は農林水産大臣受賞の「やまと豚」を使用していると言います。やまと豚というものがどういうものかは、わかりませんが、とにかく肉厚でした。

ちなみに現在の農林水産大臣というと、野田・流山・松戸から出ている議員の齋藤健さんですね。まあそれはともかくとして。

とんQの魅力

とんかつ画像

ご飯が選べる

今回奮発して、とんかつとカキフライの定食を注文しました(その理由は後述)。この画像がそう。魅力的なのは白ご飯とは別に炊き込みご飯がチョイスできます。しかもその炊き込みご飯はチェーン店ながらもそれぞれ旬の食材を個性的に演出しているようです。

味噌汁も選べる

さらには味噌汁も豚汁か季節の味噌汁かをチョイスできるのはうれしいですね。しかも味噌は野田産の白粒麹味噌や赤だし味噌を使っているようです。野田にも縁もゆかりもあるのが嬉しいところです。

ドレッシングも選べる

ドレッシング画像

とんQはドレッシングも選べるのです!素晴らしい。しかも手作りです。「人参ドレッシング」と「ゆずドレッシング」と問答無用に用意してくれるので、遠慮なく二つ試せます。

人参と聞くと甘いなどイメージを思い浮かべると思いますが、甘いです。若干(^^。

実際「甘い」というよりも「甘みがある」という表現が正しいでしょう。全然美味しいです。

ゆずドレッシングはなんだろう、、、塩系のベースにゆずの香りが立つこれまた美味い。両方のドレッシングも手作りというのは珍しいですね。瓶入りというのも手作り感が増す演出?ですね。演出ではないですが(^^;

カキフライのためのピンクソルト

スパイシーピンクソルト

各テーブルにこのピンクソルトが置かれています。このピンクソルト、カキフライのためのものだそうです。こういうものを置かれたらカキフライを頼まないわけにはいかないじゃないですか。というわけで注文したのがとんかつとカキフライのセットです。女性にはちょっと辛いかも?

「カキフライ」といえばやはり私が一番好きな食べ方はタルタルソースです。牡蠣の濃厚なコクをまろやかに包み込む酸味のあるタルタルソースは欠かせません。ですが、このピンクソルトはこれをかけるだけで牡蠣の旨味を引き出すといいます。

まあ騙されたと思って、カキフライにこのピンクソルをを少々かけて食べてみる。

美味しい!

フライ物(とんかつ・コロッケなど)って普通ソースをかけて食べるものだと潜在意識的にあったので、塩のみで食べるというのは新鮮でした。でもそれが美味い。あらたなフライの食べ方の発見でした。

ちなみにカキフライだけでなく、とんかつを塩のみで食べても美味しかったです。塩は最強の調味料ですね!

今回紹介したとんQ野田店は国道16号沿です。

とんQ看板

この看板が目印。とんQさんはチェーン店で近くにはおおたかの森SCの中にもあります。チェーン店だけど、あまりチェーン店らしくない美味しさだと思います。ぜひ一度お試しくださいね。

人がいなそう

ただこの店で心配なのが従業員が少ないということですね。たまたま私が行ったときが人がいなかったのでしょうか。注文しようと女性従業員に声かけたところ「別のものを呼ぶのでお待ちください」的な返答。フロアーにはこの女性従業員と男性従業員の2人。

注文はハンデイという機械で打ち込むシステムだったかな。おそらく女性従業員はその使い方をマスターしていないので、注文が取れないのでしょう。なんか店は慌ただしかった印象があります。

どこも人がいないのですね。。。働こうと思っている人、とんQさんに応募してあげてください。

というわけで食レポでした!




a href=”//localkantou.blogmura.com/noda/ranking.html”>にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へ
にほんブログ村