柏のカレーの名店BOMBAY(ボンベイ)が流山おおたかの森ショッピングセンターに出店!!

ボンベイ店頭

主に野田市とビジネスに関する情報を伝えるサイトを運営する我瀬(わがせ)です。今回はお隣の流山おおたかの森ショッピングセンター内に昨年10月末にオープンしたカレーハウス『BOMBAY(ボンベイ)」を紹介します。

私たちアラフォー世代は「柏のカレー屋ボンベイ」と言えば知らない人は少ないだろうというくらいの有名なカレー屋さんでした。私も高校生のころはよく通ったものです。

私が大学生になり地元を離れたので、その後のボンベイの様子はわからなかったのですが、略歴を調べたので簡単に紹介します。

  • 2003年ボンベイはテナントとして入るビルの改装により一時営業休止
  • 店主鈴木氏の病気のため再営業はできず(数年後に永眠)
  • 2010年鈴木氏の奥様と当時のスタッフで柏ボンベイが復活
  • 2019年10月下旬流山おおたかの森ショッピングセンター高島屋内にオープン

10年前には復活していたのです。柏の名店が復活したのは本当に嬉しいですね。

テイクアウトで人気ナンバー1のカシミールカレー

カシミールテイクアウト

おおたかの森ショッピングセンターのボンベイでは店内で食事することも可能ですが、座席は数席程度です。どちからかと言えばテイクアウト中心なのかもしれません。

カレーのメニューは7種類

ボンベイメニュー

カレーの種類も7種類ほどあるのですが、やはりボンベイの代名詞ともいうべき人気ナンバー1のカシミールカレーを注文しました。辛さのランクは「極辛」です。

薬味のピクルスが嬉しい

薬味やスプーン

カレーと一緒についてくるのがおしぼり、スプーン、そして薬味です。きゅうりと玉ねぎのピクルスですね。普通こういったテイクアウトのカレーの薬味と言えば、福神漬けやらっきょうでいかにもスーパーの漬物コーナーに売ってそうな感じなものが多いですよね。

しかしボンベイではカレーに合う自家製のきゅうりと玉ねぎのピクルスを味わってもらいたい、小さなことかもしれませんがこだわりを感じられる対応が嬉しい限りです。ビジネスマンとして勉強になります。しかもきゅうりと玉ねぎの袋を別にしていることもとても好印象です。

後述しますが、このピクルスがカレーにとても合うのです。ボンベイのテイクアウトに対する細かい気配りに脱帽ですね。

テイクアウトのカレー容器はカレールーとライスが別々に別れている

容器は別々に別れている

テイクアウト専用の容器はカレールーとラースが別々に別れています。カレールーの容器がライスの上に乗っかっている感じです。もちろんふたを取ってレンジで加熱することも可能です。

しかし注意することがあります。カレールーが容器にほぼほぼいっぱいに入っているので、慎重に取らないとルーがこぼれます(苦笑)。まあこのなみなみに入ったカレールーもサービスなのだと思います。嬉しいですね。

カレーを容器に入れた画像

無事にカレールーをライスの容器に入れることができました。カシミールのルーは色が濃くどちらかと言えば黒っぽいですね。

極辛のレベル

辛いイメージ

私はわりと辛いものには割と強い方です。とはいえどもテレビのバラエティ番組でよく出てくるような超激辛メニューにチャレンジするほどのレベルではありません。

私も高校生のころは辛いながらもボンベイのカレーは完食していたので大丈夫と思ってました。そしていざ実食。

美味い、そして辛い

あのスパイシーさは健在です。ボンベイのカレーは辛いだけじゃないんです。美味しいんです。カレーを口に入れるとまず心地よいスパイシーな風が鼻腔を通りぬけます。そして次にくるのが強烈な辛さ。これがまた心地いいんですね。

涙流しながら食べてました。あっ感動という意味もありますがほとんどは辛さで出た涙です(笑)。ある程度辛さに強い方ならば全然食べられる辛さだと思います。

カシミールカレーの具材と薬味

肉画像

カシミールカレーにはごろごろした大きめのお肉が入ってます。食べ応えのあるサイズで旨味もたっぷりでした。

きゅうりと玉ねぎのピクルス

先ほど紹介した付け合わせのきゅうりと玉ねぎのピクルスを小皿に盛りました。ほんの少しですがこれがまた甘みがあってカレーに合うのです。この少しの甘みが少し口の中を休ませ、その後口に入れるカレーの味をより増幅させる助け、まさに薬味ですね。

完食画像

涙を流しながら結局完食しました。ほんと美味しかったです。

ボンベイのカレーはカシミールのような極辛だけでなく、普通の辛さのカレーもあるので辛いものが苦手な方でも他のメニューで十分味を楽しめますので、ぜひお試しください。

レトルトカレーも豊富

ボンベイレトルトカレー

ボンベイ流山おおたかの森ショッピングセンター店では持ち帰り用のレトルトカレーも豊富に販売されてます。キーマカレー、チキンカレー、カシミールカレーがあります。

今回お土産用に3つのカレーを購入しました。

ボンベイレトルトカレー

この中の「骨つきチキンカレー」について紹介します。

カレールーとお肉が別々のパック

ボンベイカレーレトルト

ボンベイの骨つきチキンレトルトカレーはカレールーとお肉が別々になってます。これは普通のレトルトカレーではない画期的な技術ですね。やはりこだわりを感じます。

価格帯は600円〜800円くらいとレトルトカレーの中ではかなり高めの価格と言っていいと思います。一番安いレトルトカレーだと100円程度で購入できるので8倍くらいの価格設定です。かなり強気ですがそれはボンベイブランドの強さを感じますね。

辛さは控えめ肉は柔らか

レトルトカレーを皿に盛ったイメージ

このカレーはカシミール同様にスープっぽいです。なのでライスがスープで染み込んでいきます。やはりお肉とカレールーを別々にしているおかげか、お肉はかなり柔らかいですね。辛さもカシミールに比べると全然控えめなので、辛いものは多少食べられるけど激辛はだめというレベルの方でも大丈夫なようです。

辛いものが苦手でもスパイシーな味わいを体験したいという方にはおすすめですね。

店舗情報

おおたかの森ショッピングセンター

ボンベイ流山おおたかの森ショッピングセンター店の店舗情報です。

住所 千葉県流山市おおたかの森南1−5−1 タカシマヤフードメゾン内
電話 04−7152−3891
営業時間 10:00〜20:00
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へ


千葉県野田市ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です