小林遼容疑者から見る性的犯罪の再犯率の高さの問題をどうやって防止すべきか

逮捕イメージ

こんばんは。野田市の情報を伝えるブログを運営する「アラファー自由人」我瀬です。

先日、ようやく新潟の女児殺人事件の容疑者が逮捕されました。もちろん容疑者が逮捕されたからといっても被害者の大桃珠生ちゃんが帰ってくるわけでもありません。

本当に悲しいニュースです。今回私が伝えたいのが「性犯罪の再犯率の高さへの対応」です。小林容疑者は先月女子高生へのわいせつ容疑で書類送検されてたようです。しかしその後わずか一月後の犯行です。

いわば書類送検しただけで性犯罪者を野放しにしていたのです。

性犯罪の再犯率について

性犯罪の再犯率に関しては、様々な定義?などがありいろいろ言われています。実は5%と少ないという話もありますが、実際は38%もあるようです。でも政府は正確な数字を出してないようです。

これってどうなんでしょう?性犯罪は分類すると病なのではないかと思ってます。もちろん病だから免れる問題ではありません。先月大きな話題となったアイドルグループのメンバーが強制わいせつで逮捕されたのもお酒が関係した病と言われてますが、それで済む問題ではありません。

まめメールで流れてくるちょっとした性犯罪

野田市にお住いの皆さんは野田市の緊急情報などを配信する「まめメール」を受信している人も少なくないと思います。この数日で2つも性的犯罪を匂わすメールが届きました。

平成30年5月15日(火)、午前7時30分頃、中央小学校区において、登校途中の児童が、すれちがいざまに男にたたかれた。児童に怪我はなかった。警察には連絡済み。
男の特徴:40歳くらい、赤いTシャツ、黒い半ズボン、175cmくらい、やせ型 (学校情報)

 

5月12日(土)午後3時半頃、尾崎小学校区において、女子児童1名が自転車で帰宅途中、前から男が歩いてきてズボンを下げ下半身を露出した。
男の特徴:30歳くらい、メガネ、やせ型、白と黒の横縞のTシャツ、ジーパン、短めの髪型

わずか数日でこのような不審者情報があるのです。今回の新潟市の事件でもあちこちで不審者情報があったようです。これだけ性犯罪者予備軍がいると考えると怖いです。

まめメールは抑止力になっていない

野田市においてもさんざんこの手のまめメールが流れてきます。このまめメールも防犯目的で実施されていることかと思います。しかし、こういった「性犯罪予備軍」は後を絶ちません。それが現実です。

要はまめメールは犯罪の抑止力的意味もあると思うのですが、「性犯罪」に関しては抑止できていないように思えるのです。おそらくまめメールに出てくる対象者もまめメールは読んでいると思います。

しかし自分が容疑者的な感じになっているにもかかわらず同じことを繰り返してしまう。これって持って生まれたものの「素質」ではないかと最近思ってます。私はそのような研究しているわけではないので、反論されてもなんとも言えませんが。

性犯罪者の抑止する方法はGPS監視しかない

野田市においてはまめメールでは性犯罪を抑止できないと思ってます。ではどうしたらよいのでしょう。それは性犯罪者の前科者に対し、GPS監視しかないのかと思います。

現在このGPS監視を行っている国はアメリカ、韓国、イギリス、カナダ、ドイツ、スウェーデン、フランスのようです。

この制度は賛否両論あると思います。それはGPSを使用すると犯罪者本人はともかく、犯罪者の家族も明らかにされてしまうという人権的問題です。確かに性犯罪者を出してしまった家族は「犯罪者が自宅にいる」というプレッシャーで押しつぶされると思います。

しかし、今回の新潟の事件では4月にわいせつ罪で書類送検された小林遼容疑者が殺害に及んでしまったのは、小林容疑者の行動範囲において誰も警戒してなかったと思うのです。

警戒していなかったのが悪いとは言いません。今回殺害された大桃珠希ちゃんが住む地域で、わいせつ事件の犯人がいるにも関わらずそれを伝えていないということが問題なのです。

メールなどでは伝えられていたかもしれません。しかし実際書類送検された人物がいるとなると警戒心が高まります。今回の事件から私は性犯罪者はGPSで監視する必要があると思います。

だってあなたの近所に性犯罪者がいたら警戒するでしょ?警戒してるのとしてないのでは被害を受ける確率は格段に減ると思います。近所に性犯罪者がいるということを知る権利はあると思います。

新潟の今回の事件、防げなかった事件ではないと思います。近くに野田市において市議会議員選挙があります。この事件に対してどう思うか聞いてみたいです。

あと伝えたいことがあるんですが、哲学的?倫理学的?スピリチュアル?な感じになってしまうので、後日書きたいと思います。「この世の善悪は何?」みたいな感じです。時間あればご覧くださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へ