流山街道沿い「らぁ麺はやし田」(松戸主水店)で実食してきました!

はやし田店頭

千葉県野田市から松戸市まで繋がる、いわゆる「流山街道」沿いの流山市と松戸市の境目に近い松戸市主水に2021年9月オープンしたオープンした「らぁめんはやし田」に早速行って見ました!

というわけで早速レビューしますね!

注文はタブレット

タブレットでの注文

注文方法は今、流行りになりつつあるタブレットでの注文です。「すいませーん」とか店員を呼ぶ必要がないメリットもあるのですが、そもそもタブレットを触ったことがない人はどう受け入れられるのだろうと思いますが、あと5年もすればこのスタイルが主流になると思います。

もしかしたら「飲食店においてタブレットで注文する方法」などのセミナーの需要が高まるかもしれません。ビジネスチャンスかも??(苦笑)

のどぐろそば

のどぐろラーメン

「はやし田」の基本の味は醤油ベースのようです。私はいつも初めて行くお店は一番オーソドックスなもの、もしくは一番人気を選ぶのですが、なぜか「のどぐろそば」が気になってしまったのです。

価格も一番高い。けれどもこの「はやし田」では一番高いメニューを食べた方がいいと、お告げが降りたので「のどぐろそば」を注文しました。確か価格は1,000円。ちょっと高めですね。

しかし「のどぐろ」と聞けば「高級魚」というイメージですよね。実際に私がはじめて、のどぐろを食べたのが昨年の金沢旅行なんですね。しかもランチ1万円コースの中のひとつ。確かに美味しかったです。それと比較すると1,000円は安いと思いますが、逆に1,000円でのどぐろの味を出せるのかは疑問に思いました。

のどぐろスープ

のどぐろスープ

まずはスープから飲んでみました。

間違いなくのどぐろの味です。

いやあ、美味しかったです。すごく上品であの金沢で食べたのどぐろの味がしました。なんだろう?なんか刺し身のエキスが混ざった味わいのスープでした。すごく上品です。上品という点では私と被ります。

焼き鳥屋しんげん
わがせ!お前この前うちの焼き鳥食って飲んで酔っ払って便所で寝てたよな?それが上品とはよくもぬけぬけと

記憶にございませんのでこのまま話を続けさせていただきます。

とにかくあっさりした上に味わい深い、日本料理のラーメンてな感じでした。

麺は中細麺

麺

麺は中細麺ですね。それほど縮れているわけでもなくほどよくスープを絡ませてくれる麺の太さです。麺の味もしっかりとして美味しかったですよ。

具材について

極太メンマ

メンマは極太です。中細麺とのギャップが楽しめると思います。歯ごたえ抜群です。歯が悪い人は注意してください。

ちゃーしゅー

チャーシューは薄切りで若干赤みがかってます。レアチャーシューですね。味はしっかりとしてます。

黒ナルト

ナルトは黒いです。あまり見たことないですよね。黒いナルトというと若干違和感ある方もいるかもしれませんが、私にはおしゃれに見えました。ちょっと小さなビジュアルアクセントしては十分役割を果たしていると思います。「の」の字はのどぐろの「の」でしょうか。いやナルトってこんなもんですよね(苦笑)。

味玉

味玉です。確か追加トッピングです。私味玉好きなので追加トッピングしちゃいます。画像見ればわかると思いますが、ほどよい半熟でトロトロでした。

完食イメージ

というわけで今回も完食いたしました。さすがにスープ全部飲むのは(アラフィフの私にとって)危険なのでやめておきました(苦笑)。また来たいと思うお店でした。

店舗情報

住所 千葉県松戸市主水新田537−2
電話番号 047−711−9973
営業時間 11:00〜22:00
定休日 無休
客席数 65席
最寄駅 JR松戸駅より車で15分(ちっとも最寄りじゃありません)
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です