菜工房・野田市を代表する中華料理の人気店をランチタイムレビュー

菜工房店頭

こんばんは。野田市の情報を伝えるブログを運営する我瀬です。複数のサイトを運営することで収益をあげて自由気ままに暮らしてます。

野田市中根にある「菜工房」という中華料理店をご存知でしょうか。私は何度も行ってるのですが、画像を撮影しておらずなかなか記事にできませんでした。

というのも菜工房に行こうとお店に行っても混雑していて断念してしまうということの繰り返しでした。しかしながら今回意を決して行ってまいりましたのでレビューしますね!(笑)

平日でも混んでる

菜工房に行ってまず驚くのが平日でも混んでるところです。野田市のお店で平日で順番待ちになるところは、私の知っている範囲で「もちもちの木」くらいですかね。もちろん日にちやタイミングにもよりますが、菜工房は混んでいることが多いのでなかなか取材できないということでした。。。

私が「菜工房」に行こうとするとたいてい順番待ちや駐車場に車が停められない状況で断念してました。それだけの人気店は野田市では珍しいですね。

私が今回来店した日も駐車場に停められないほどの混雑でした。もちろん店頭で紙に名前と人数書いて待つという状況でした。さすがに店外に行列を作るほどではありませんが、結構混雑しているイメージです。

広東麺は具材がたっぷりで美味

広東麺画像

私は今回、広東麺を食べました。以前に食べた担々麺も美味しかったので迷いましたが、まだ食べたことのない広東麺にしてみました。上の画像みれはわかると思いますが、丼も大きく具材もたっぷりです。

ウズラの卵画像

ウズラの卵も青梗菜も広東麺には欠かせないですよね(笑)。

麺の画像

麺は中細麺という感じです。美味いラーメンは麺が違います。ラーメン屋というよりも中華料理屋の上品な麺という印象です。もちろんスープが絡んでの味わいです。

佐野ラーメン屋ましろゆき
何?普通のラーメン屋は下品って言いたいの?

いやいや、別にラーメン専門店が下品というわけではありません!ただそれだけ菜工房の麺は上質に感じるということを伝えたかっただけです。

エビ画像

ありがたいことにプリップリのエビも入ってました。2、3個くらい。

ハム画像

イカやハムも入ってます。きくらげも欠かせませんね。ほんと具だくさんです。

スープ画像

広東麺というと、たくさんの具材があんかけ状になってるイメージじゃないですか?でも菜工房の広東麺はあんかけ感はありませんでした。どちらかと言えばさらっとした感じ。これが私の広東麺の常識を変えました。

なのでスープ自身の味が生きてます。野菜のシャキシャキ感とエビやきくらげのプリプリ感、麺とスープが醸し出す上品さ、彦摩呂さん的に言えば「広東麺の技のデパートや!」ってな感じでしょうか(笑)。

佐野ラーメン屋ましろゆき
ぷっ(苦笑)、何が技のデパート??ベタよね(軽蔑)
食べ終わったあと

すみません。美味しかったのですが、結構量が多くて少し具材残してしまいました。お腹パンパンになりました。普通のお腹ならば全然満足できる量です。

ちょっとしたお土産物も充実

お土産物画像

菜工房のレジ前にはお土産物が結構あります。茶類や調味料関係など、実際お店で使っているものもあると思います。これはこれで楽しいですね。家庭の料理に菜工房の調味料を加えただけで、ちょっと美味しくなるかもしれませんよ。

中国家庭料理 菜工房:店舗情報

菜工房看板
所在地 千葉県野田市中根248−2
TEL 04-7123-0477
営業時間 ランチタイム :11:30~15:00(ラストオーダー 14:30)

ディナータイム:17:00~22:00(ラストオーダー 21:00)

定休日 木曜日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です