野田市の個人企業が簡単にキャッシュレスを導入する方法を紹介します!

キャッシュレスイメージ

こんばんは。野田市の情報を伝えるブログを運営する我瀬です。複数のサイトを運営することで収益をあげて自由気ままに暮らしてます。

2019年10月、ついに消費税が10%に増税されました。それにともなう景気対策としてキャッシュレス消費者関連事業という私のような弱小企業と消費者に対して「お得になる事業」が開始されたのをご存知でしょうか。

具体的に言えば、我々販売者側はキャッシュレスの手数料が安くなり、消費者はポイントとして決済金額の2〜5%が戻ってくるという事業です。これにより消費者にとっては実質、増税前よりお得になるのです。

しかしながら野田市で事業を展開している方々はあまりこのことを知らないようです。というわけで以前にこの事業に関する記事を書いたのでご参照ください。

マシロユキ
そもそもお前のような個人経営のちっちゃな店がどうやってキャッシュレスなんて導入できるの?

このような疑問を持つ方も多いと思いますが、全然大丈夫です。私のような従業員3名の弱小企業でも導入できるキャッシュレスシステムを紹介します。

Square(スクエア)はまずはじめに導入しよう

squareイメージ

私と同じような従業員が少ない個人企業でもキャッシュレスが簡単に・迅速に導入できるのがSquare(スクエア)です。Squareは実質無料で導入できます。

Squareに登録するにはまず公式HPにアクセスし、必要な情報を入力するだけです。審査の期間はものすごく早いです!私の場合申請してから5分後に審査通過のメールが届きました。

ラモジロ
それって結構あやしくね?

ラモジロの言うことはごもっともですが、Squareはクレジットカード決済システムにおいては今や大手なのです。これまでお店でキャッシュレス決済(主にクレジットカード決済)する際にはCAT(キャット)端末というものが必要でした。

CAT端末は大手企業やチェーン店では普通に導入されていたシステムでした。導入費用も月額費用も数万円かかっていました。

おそらくあなたもクレジットカード決済システムを導入するならば月額数万円のコストがかかるという認識ではないでしょうか。でもご安心ください。 Squareなら現在(2019年10月)無料で導入できるのです。

【カードリーダー実質無料キャンペーン中!】新規でSquareをご利用の方は今だけキャッシュバックでお得に!
月額固定費なし、決済手数料3.25%からのクレジットカード決済を。



Square(スクエア)での決済はスマホやタブレットが必要

Squareでの決済はカードリーダー(Squareから送られてくる)とスマートフォンもしくはタブレットが必要になります。もしあなたがiPhoneやAndroid端末を持っているならば、Square決済アプリをダウンロードするだけですぐ決済可能になります。

もしあなたがガラケーしか持っていないならば今すぐスマホに変えてください。面倒くさいと思う方も少なくないと思いますが、今後この世界はスマホじゃないと逆に面倒くさい方向に進んでます。あなたがビジネスマンならガラケー使ってる場合じゃないと思います。ガラケー使ってるとしてもタブレット端末は持ちましょう。

Square(スクエア)を立ち上げたジャックドーシーはスティーブ・ジョブズの再来

Squareというシステムは日本では馴染みがないと思います。ていうかスクエアエニックスを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。しかし全く無関係です。

みけのすけ
Squareなんて会社、日本じゃ聞いたことないけど大丈夫なの?

大丈夫です。

Squareを立ち上げたのはアメリカのジャック・ドーシー氏です。

焼き鳥屋しんげん
ジャック・ドーシー?誰それ、知らね。

ジャック・ドーシー氏のことを知らない方は日本ではきっと多いことでしょう。ジャック・ドーシー氏はツイッターを立ち上げた人物です。こう言えばジャック・ドーシー氏の偉大さがわかるでしょうか。またジャック・ドーシー氏はAppleの創業者の故スティーブ・ジョブズの再来とまで言われてます。

このことに関してはオリエンタルラジオの中田敦彦氏のYouTubeチャンネルでも紹介されてます。

Squareは全米にクレジットカード決済の革命を起こしました。アメリカでも個人店舗ではクレジットカード決済が簡単に導入できなかったものを、スマホとカードリーダーで決済できるシステムを作ったのです。

これでSquareに対して安心感持てたでしょうか。実際私もSquare使ってますが特に問題はなく快適に利用させてもらってます。ちなみに中田敦彦氏もSquareのユーザーです。物販などで利用していると動画で話してました。

【カードリーダー実質無料キャンペーン中!】新規でSquareをご利用の方は今だけキャッシュバックでお得に!
月額固定費なし、決済手数料3.25%からのクレジットカード決済を。


Squareは様々な業種で審査通過可能

Squareは審査が寛容で様々な業種でも審査が通過するようです。例えばスナック・パブなどの商売でも審査が通過したという話も聞いたことがあります。他の決済システムで落ちた方(業者)はぜひともSquareに申し込んんで欲しいと思います。

【カードリーダー実質無料キャンペーン中!】新規でSquareをご利用の方は今だけキャッシュバックでお得に!
月額固定費なし、決済手数料3.25%からのクレジットカード決済を。


AirPAYの同時申し込みがオススメです!!

AirPAYイメージ

リクルートホールディングスが運営するAirPAY(エアペイ)はCMでもよく流れているので意識の高いあなたはきっと知っていることでしょう。

焼き鳥屋しんげん
うちみたいなベルコやエオン、バイシアなどのスーパーの敷地内にキッチンカーで出てる焼き鳥屋ごときじゃリクルートのAirPAYを導入するなんて無理ゲーでしょ!

焼き鳥屋しんげんのように、小さいお店や移動店舗ではリクルートのような大企業が運営するシステムなど導入することができないと思い込んでしまうことでしょう。

しかしそれは違います。AirPAYは大企業よりもむしろ個人経営のお店や企業向けのサービスなのです。ちなみに私のお店も弱小企業ですが、AirPAYを導入してます。AirPAYの審査を通過するにはきちんと営業していることが必要です。そのため店内やメニュー、価格表などの画像を送る必要があります。

焼き鳥屋しんげんのようなキッチンカーで出店しているならばキッチンカーの画像なども必要になることでしょう。

AirPAYの審査期間

AirPAYの審査期間は私の場合は1ヶ月半ほどかかりました。提出書類に不備があったということもありますが、私が申し込んだ当時(2018年7月)ではそのくらい時間がかかりました。しかし現在は公式サイトによると3日程度とだいぶ短縮されてます。

AirPAYとSquareどちらも導入した方がよい理由

私はAirPAYもSquareもどちらも導入してます。

焼き鳥屋しんげん
なんで2つもカードリーダー持ってるの?別に一つでいいんじゃね?

これには理由があります。SquareとAirPAYは同じカードリーダーとスマートフォンもしくはタブレット端末を使用して決済する方法ですが、手数料や使えるカード・電子マネーなどが違います。それぞれの利点を把握した上で私は使い分けているのです。

手数料による使い分け

主要カードブランド別手数料 VISA MasterCard アメックス JCB
AirPAY 3.24% 3.24% 3.24% 3.74%
Square 3.25% 3.25% 3.25% 3.25%(期間限定)

 

上の表は日本においての主要カードブランド別の手数料の比較です。VISA、MasterCard、アメックスにおいてはAirPAYがわずか0.01%手数料が安くなってます。具体的に売上金額で比較してみましょう。

決済システム/売上 1万円 5万円 10万円 50万円 100万円
AirPAY手数料(3.24%) 324円 1,620円 3,240円 16、200円 32,400円
Square手数料(3.25%) 325円 1,625円 3、250円 16,250円 32,500円
差額 ー1円 ー5円 ー10円 ー50円 ー100円

このJCB、MasterCard、アメックスに関してはほぼほぼ互角と言っていいと思います。100万円の売上でも100円しか差がないわけですからね。

一方日本ではポピュラーなJCBに関してはSquareの方が4.9%も安い設定です。JCBでの具体的例を示してみましょう。

決済システム/売上 1万円 5万円 10万円 50万円 100万円
AirPAY手数料(3.74%) 374円 1,870円 3,740円 18、700円 37,400円
Square手数料(3.25%) 325円 1,625円 3、250円 16,250円 32,500円
差額 +49円 +245円 +490円 +2、450円 +4,900円

100万円以上JCBでの決済があるお店ならば差が出てきます。断然Squareの方が有利です。しかしながら、 SquareのJCB手数料3.25%は2020年6月末日までの期間限定なのです。それ以降は3.95%とAirPAYの3.74%よりも上回ってしましますのでご注意ください。

JCBカードをお客さまが出してきたら迷わずSquareのカードリーダーで決済(2020年6月末日まで)

電子マネーやQRコード(バーコード)決済はAirPAYで

AirPAYのカードリーダーはSuicaやPASMOなどの電子マネーで決済可能です。一方Squareでは電子マネーは現在(2019年10月)では決済できませんが、対応予定とはなってます。電子マネー決済の手数料は3.24%です。クレジットカードと同じですね。

その他AirPAYではそれとは別に「AirPAY QR」という別サービスに同時に申し込むことが可能です。この審査に通過すればQRコード(バーコード)決済も可能になります。使えるサービスはPayPay、LINE Pay、d払い、ALIPAY(アリペイ)、WeChatPay(ウィーチャットペイ)です。決済手数料はそれぞれ3.24%です。

QRコード決済に関してはSquareは一切ありません。なのでQR決済を導入するためにはやはりAirPAYを導入しておく必要があるのです。ちなみに上の方で紹介した中田敦彦氏もAirPAYのユーザーです。私と同じようにSquareとAirPAYの使い分けをしているようです。

店舗決済システムAirPAY
 

入金日の違いが大きい

キャッシュレスで決済した場合、当然手元に現金が入るわけではなく、後日あなたの銀行口座に手数料を引かれた金額が入金されるわけです。このスパンって私のような弱小個人企業にとっては結構重要なんですね。

売上日から1ヶ月後の入金とかいったらキャッシュフロー的に考えて効率がよくありません。なるべく早く欲しいものです。SquareとAirPAYの入金サイクルを比較するとSquareの方がより早いサイクルで入金されます。

 

使い分けなどして問題は起こらないの?

焼き鳥屋しんげん
おいおい、そんな2つのサービスなんて使い分けして問題ないの?怒られたりしない?

焼き鳥屋しんげんのように心配する方もいるかと思いますが、全く問題ありません。しばらく使わないからと言って会社から「使ってくれ」などという催促の電話はかかってきたことは今までありません。

カードのブランド名、お客さまの雰囲気(年齢など)、購入金額などによって使い分けて全然いいと思います。

JCBを出してきたらならAirPAYで、金額が高額ならばSquareでいち早く入金してもらう、高齢者ならばリクルートブランドのAirPAY、おしゃれっぽい若者ならばSquareをスマートに使うなどのシチュエーションによって使い分けましょう!

PayPayも必ず導入すべき

PayPayロゴ

PayPayはコマーシャルでよくご覧になったか方も多いことでしょう。実は昨年の10月からサービスをスタートしてやっと1年経つほどの新しいサービスなのです。ご存知の方も多いと思いますがソフトバンクグループです。

あの孫正義が本気を出してQRコード決済(バーコード決済)のトップを取りにいっているのです。そしてわずか1年ながらQRコード決済利用頻度のトップを取りました。

焼きそば屋みけのすけ
そんな大きな会社じゃ、うちみたいなちっぽけな焼きそば屋なんか導入することできないんじゃね?

確かにソフトバンクグループは大きな会社ですよね。でも大丈夫です!ていうかむしろSquareやAirPAY同様に私のようなちっちゃなお店に向いたサービスなのです。ちなみに私は昨年10月上旬に申し込み、1週間ほどで審査が通過しましたよ。

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!

 

PayPay導入をすすめる3つの理由

五つ星画像

⑴導入費用が無料かつカードリーダーなど必要なし

PayPayは導入費用が私のように小さなお店ならば無料で導入できます。

焼きそば屋みけのすけ
えっ?嘘だ〜!!だって僕がお会計するときスマホで画面出してお店の人が機械でピッってやってくれるよ。その機械買うんでしょ?

あなたがもしもPayPayユーザーだったとしたならば、コンビニや大手家電量販店、ドラッグストアで主に使っているのではないでしょうか。大手のお店はハンディスキャナーなどでバーコードやQRコードを読み取るので、レジシステムの改修が必要になると思います。

しかし私のような小さなお店はそんなたいそうなものを買う必要は全くありません。もちろんSquareやAirPAYのようにカードリーダーを利用するわけでもありません。

あなたがPayPayの審査に通過したらPayPayから送られてくるツールはあなたのお店専用のQRコードです。

QRコード

このように卓上に立てられるようなツールとシール状のQRコードが送られてきます。付属の卓上ポップを利用してもいいし、あなたのお店の任意の場所に貼り付けてもいいと思います。

またPayPayの審査が通過するとビジネスアカウントが与えられ、パソコンのブラウザ上で売上管理などもできます。そこからあなたのお店専用のアカウントダウンロードしてプリントして使うことも可能です。

このQRコードをお客さまのスマホから読み込んでもらい、あなたのお店の名前と金額を確認し「支払う」ボタンをタップしてもらい「PayPay」とお客さまのスマホから聞こえれば決済完了です。

簡単ですよね(笑)。機械など何一つなく導入できるのです。

焼きそば屋みけのすけ
し、知らなかった。。。

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!

⑵売上金が最短翌日入金

PayPayでの売上金は最短、翌日しかも手数料0円で入金されます。しかし振込先をジャパンネット銀行にする必要があります。これはずーっと手数料が無料と宣言しているので、非常にありがたいことです。あなたがジャパンネット銀行口座を持っていなかったとしても、無料ですぐネットから作れるのでご安心を。

ジャパンネット銀行

また振り込む金額は現在は累計売上が1万円以上になった時点で翌日に振り込まれ、1万円に満たなくても月末には自動的に締めになるので、翌月1日に入金されます。土日祝日関係なく振り込まれるのでありがたいですね。

しかも2019年11月1日より、売上金が1万円に満たなくても翌日に振り込まれるようになるのです。嬉しい限りです。

ジャパンネット銀行

もしあなたがジャパンネット銀行を使いたくなく、あらかじめ持っている銀行口座でも最短翌々日に入金されます。ちなみにこちらも2020年6月30日までは手数料が無料です。

入金スパンは累計金額が1万円以上になった時点でその翌々日に自動的に振り込まれます。しかし土日祝など銀行の休業日の際は翌営業日になりますので、ゴールデンウィークなどを挟んでしまうとちょっとスパンが長くなってしまいますね。でもAirPAYに比べるとはるかに短いと思いますよ。

⑶システム利用料が無料

システム利用料とはクレジットカードで言う手数料と同じです。なんとこれが2021年9月30日まで無料なのです!期間が限られてますが今からでも2年くらいはずっと無料なのです。

クレジットカードならばどんなに安くても3.24%は手数料として取られてしまいます。10万円の売上ならば3,240円手数料取られてしまいます。3,240円もあればうな重食べられるくらいの金額です。これは大きいですよ。

以上私のような小さなお店がPayPayを導入すべき3つの理由をお話しました。PayPay導入してみたくなりましたか?

焼きそば屋みけのすけ
よーし!今すぐ導入するぞ!!どうすればいい?

下のリンク先からお申し込みいただければ早いですよ!

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!


Square、AirPAY、PayPay3つ併用すればかなり便利

結局のところこのSquare、AirPAY、PayPayとこの3社の決済システムを導入し併用することでかなりあなたのお店にとって便利になると思います。

私の場合事務所もあるのですが、私が出先でSquareを持って行ってしまった場合、事務所に支払いに来たお客さまにはSquareしかなければクレジットカード決済できません。

しかしお店にAirPAYを置いておけばクレジットカードで決済可能になるのです。もちろんPayPayのQRコードがお店にあればPayPayでも可能です。

もちろん別途カードリーダーを購入すれば済むことなのですが、お金かかっちゃいますからね。経営者ならば出来るだけ経費を抑えたいものですよね。

もしあなたが小さなお店、お店だけでなくても電気工事、水漏れ修理などの修理業など営んでいるならばぜひ申し込んでみてください。

キャッシュレスは今政府が推し進めているところです。この時代の波に早めに乗って置いた方がいろいろな情報が手に入ります。

申し込みは以下のリンク先もしくはバナーをクリックしていただければ、簡単にできます。

【カードリーダー実質無料キャンペーン中!】新規でSquareをご利用の方は今だけキャッシュバックでお得に!
月額固定費なし、決済手数料3.25%からのクレジットカード決済を。


 

店舗決済システムAirPAY
 

 

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です