国道16号沿いのラーメン屋「あじくま」をリポート・野田の醤油と魚介系のダシが効いた優しい味わい

あじくま店頭画像

こんばんは。野田市の情報を伝えるブログを運営する我瀬です。複数のサイトを運営することで収益をあげて自由気ままに暮らしてます。

今回は国道16号沿い柏インター付近にある「麺屋あじくま」に行ってきたので紹介します。のれんに「中華そば」という言葉からあっさり系のラーメンをイメージします。まさにその通りです。詳細は以下の記事をご覧ください。

魚介類のダシに野田の醤油を使用

白しょうゆラーメン

「麺屋あじくま(以下あじくまに略します)」の中華そばには基本的に4つに味が別れてます。

  • 中華そば 白・・・白しょうゆ使用
  • 中華そば 黒・・・再仕込みしょうゆ使用
  • 赤ラーメン ・・・白練胡麻と自家製ラー油を使用
  • 味噌ラーメン・・・野田の二六味噌を使用

となってます。上の画像は中華そば白です。私が食べたことがあるのは中華そば白・黒と味噌ラーメンです。赤ラーメンだけはまだ食べてませんが、おそらく全ての中華そば・ラーメンのダシは同じ魚介類からとったダシだと思います。

みるく
魚介類好きスキ!!みるくも食べたーい!!

ちなみにこちらが実際のメニューです。

あじくまメニュー

ちょっと消えちゃってますが、上の方が中華そば白のメニューです。680円はリーズナブルです。とは言えども猫に食べさせるのはもったいないですね。

みるく
ぷんぷん!!ラーメン食べたい!!
あじくまメニュー画像

赤ラーメンと味噌ラーメンは100円ほど高いですね。味噌ラーメンにも魚介類のダシが使われてました。

中華そば白のリポート

中華そばの麺

あじくまでは麺は細麺・太麺を選ぶことができます。私は細麺を選択しました。少しだけ縮れた麺ですね。

チャーシュー

チャーシューはわりと肉厚だと思います。味がしみて美味しかったです。メンマはわりと大きめ

メンマはわりと大きめです。歯ごたえがありました!

スープ画像

スープは白しょうゆを使用しているだけあって、わずかに色が付いている程度です。とは言っても塩分が少ないというわけではありません。魚介類と鶏ガラのダシとしっかりと調和してます。ダシの邪魔にならない程度の白しょうゆの量を徹底的に研究した感じがします。とても美味しいです。

白しょうゆは野田市のキノエネ醤油を使用

麺屋あじくまの公式HPから、白しょうゆはキノエネ醤油を使用しているようです。キノエネ醤油は野田市を代表する醤油メーカーの一つです。キッコーマンのように全国の小売店に販売されているわけではありませんが、野田市では代表的な醤油メーカーです。

詳細はキノエネ醤油公式HPをご参照ください。

味噌ラーメンのリポート

味噌ラーメン画像

上の画像は「味噌ラーメンスペシャル盛」というメニューです。味玉と味噌ラーメンにあうコーンときくらげ、沈んでしまってますが、チャーシューが3枚入ってます。結構なボリュームです。

味噌ラーメンスープ

スープは味噌が少し絡んでくるだけというような感じです。ギトギトの味噌ラーメンとは違います。味噌が入っているとは言えども透明感があります。

スープを飲んでみるとあっさりながらも味噌の味がしっかりとする、白しょうゆとは一線を画してます。「こういう味噌ラーメン」もあるんだという新鮮さとある意味懐かしさを感じるスープです。美味しいです。

細麺

麺はこちらも細麺・太麺を選ぶことができます。今回も細麺にしてみました。コーンもたっぷり入ってますよ。

きくらげ

味噌ラーメンには細切りのきくらげが入ってます。歯ごたえがいいですね。チャーシューも厚切りです。

飲みやすいスープ

完食しました。スープが非常に飲みやすく危うく全部飲み干すところでした(苦笑)。

味噌は窪田味噌醤油株式会社の二六味噌

あじくまで使用されている味噌は二六味噌という野田市山崎にある窪田味噌醤油株式会社で作られているもののようです。私はこの味噌を購入したことがないのですが、これだけ美味しいスープを飲んでしまったからには二六味噌を買ってみたいなと思います。

ちなみに窪田味噌醤油株式会社の公式サイトから購入できるのですが、ロットが大きいのです。つまり味噌一つ買いたいと思っても、安くても7,000円以上してしまいます。基本業務用なのだと思うので、人数集めて共同で購入するしかないでしょうね。

麺屋あじくまは野田の醤油と味噌を使うが実は野田市内に店舗はない

あじくま看板

結構野田の醤油や味噌をアピールしてる麺屋あじくまですが、実は野田市内には店舗がありません。私が行った国道16号沿いの店舗は野田市に近いけれどもかろうじて柏市内です。また、あじくまは他にも2店舗ありそれぞれ南柏と流山市西初石にあります。

野田の醤油・味噌を使いながらも野田市内にはお店がないのは私としては若干寂しいですけど、経営者的視点から見れば売れる場所に出店するのは当然です。今の所野田市にいい物件がなかったのだと思います。

各店舗の営業時間などは公式サイトからご参照ください。

総括

麺屋あじくまは、あっさり系ラーメンの典型だと私は思ってます。なのでギトギト油・体育会系男子などには合わないかもしれません。

どちらかと言えば血圧高めで塩分控えるタイプの人向けかと思います。あっさりしてるのでもたれることはあまりないと思います。でも血圧高めの人はスープを全部飲んじゃダメです。美味しいからついつい飲んじゃうんだけど、やめておいた方がいいです。

血圧あがりますから。。。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へ


千葉県野田市ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です