AirPAY(エアペイ)を野田市の個人事業主が導入してPayPayなどのQR決済が可能に

AirPAYキャッシュレス0円キャンペーン

こんばんは。野田市の情報を伝えるブログを運営する我瀬です。複数のサイトを運営することで収益をあげて自由気ままに暮らしてます。

実は私の本業はレンタル事業です。基本的にレンタル品をお客さま宅まで運んで料金をいただくのですが、結構高額になることも少なくなく、クレジットカードでの決済を希望されたことがあったのですが、対応できてませんでした。

そこでSquare(スクエア)という決済システム会社と契約し、スマホとリンクし持ち運び可能な端末を導入することでクレジットカード決済が可能になりました。

Squareは即日に審査を通過できるので今すぐにでもキャッシュレスを導入したいお店には間違いなく向いてます。しかしながらSquareの弱点は「知名度」です。

日本人は先進国の中でもキャッシュレス決済の普及率が最も低いのです。その原因は現金主義です。信じられるのが現金という考えが今でも日本人の特にシニア世代に多いのですね。

だからこそクレジットカードの決済には「信頼」が重要なのです。その点Squareにはまだまだ特に日本のシニア層では知名度がないので、若干怪しく思われてしまうことも多少なりともあります。

そこでオススメしたいのはAirPAY(エアペイ)というリクルートが運営するクレジットカードをはじめ、キャッシュレス決済全般のサービスです。

AirPAYカードリーダー

決済に必要なカードリーダーにもリクルートのロゴが入っているので、これを実際にクレジットカード決済するお客さまが見れば安心感があることでしょう。

みるく
リクルートは超有名企業だからね!

しかもそのAirPAYが今「キャッシュレス0円キャンペーン」を開催していて、上の画像のカードリーダーの他なんとiPadも無料で使えるキャンペーンです。

ちなみにカードリーダーはおよそ20,000円程度、iPadは40,000円程度、つまり60,000円得するってわけです。

2019年10月よりキャッスレス消費者還元事業というものがスタートします。これに合わせてあなたのお客さまもクレジットカードなどのキャッシュレス決済が増えるのは必須です。

今のうちAirPAYを導入しておいて全く損はないと思いますよ。

カードリーダーとiPadが無料で手に入るAirPAYに申し込む



野田市にお店を構えるあなたにAirPAYをオススメする理由

ひらめきイメージ

AirPAYは先ほども伝えたとおりカードリーダーとiPadが無料になるキャンペーンを2019年8月現在行なってます。さらにはリクルートという日本で働くビジネスマンならば誰でも知っている大企業が運営しているので安心感がもてるということもオススメする理由です。

ここでは主に機能面でのAiPAYrオススメする理由を伝えたいと思います。あっ、野田市で起業しているかはあまり関係ありません。一応野田市情報のブログなので(笑)。

電子マネーが利用できる

AirPAYのメリットとしてあげられるのが電子マネーが利用できるということです。電子マネーはクレジットカード決済に次ぐキャッシュレス決済システムの一つで、クレジットカードとほぼ同等の大きさのカードに現金をチャージし、そのカードを読み取ってもらって決済するサービスです。

SuicaやPASMOが関東では代表となる電子マネーですね。あなたもどちらかはきっと持っているのではないでしょうか。

ここでSuicaとPASMOの2018年度の発行枚数を見ると、Suicaはおよそ7,160万人、PASMOはおよそ3,600万人というデータがありました。合わせて1億人強ですね。このデータから日本人口の半分は電子マネー決済を利用している、もしくは関心があると私は分析してます。

これだけのポテンシャルがある電子マネーをあなたのお店に導入できるのはかなりのメリットじゃないでしょうか。

カードリーダーとiPadが無料で手に入るAirPAYに申し込む


 

QR(バーコード)決済が可能になる

QRコード

AirPAYに申し込むと同時にAirPAY QRに申し込むことが可能です。AirPAY QRとはPayPayやLINE PayをはじめとするQRコードもしくはバーコードによる決済方法です。

AirPAYではLINE PayやPayPayの他、ドコモのd払い、さらには中国で最も使われている電子マネーであるAlipay、ウィーチャットペイが使えるのです。

特に中国人のお客さまが多いお店では間違いなく大きなメリットとなるでしょう。

何度もいいますがAirPAYは無料で登録でき、審査を通過すれば20,000円相当のカードリーダー、40,000円相当のiPadが今は0円で導入できるので、iPadの在庫がなくならないうちに申し込んでおいた方が懸命だと思います。

カードリーダーとiPadが無料で手に入るAirPAYに申し込む


 

注意点!PayPayは単独で導入すべき理由を伝えます!

PayPay画像

ひとつ大事な注意点があるのでそれを伝えます。先ほども伝えたとおり、AirPAY QRの審査が通ればPayPay、LINE Pay、d払い、Alipay、ウィーチャットペイで決済が可能になります。

ジロレフ
お前らPayPayに関しては気をつけなくちゃ損するぞ!

しかしPayPayにおいては個人事業主でも単独で契約可能なのです!

みるく
ちょっと待って!何言ってるかわかんないんだけど!

PayPayの決済をAirPAYを通して行うと、手数料3.24%かかってしまいます。1万円の売上ならば324円です。しかしPayPayを直接導入していれば決済手数料が2021年9月30日まで無料です。

10万円PayPayで決済すれば3,240円浮くという計算です。例えば月平均10万円PayPayで決済したとして、今から2021年9月まで毎月続いたとすると、3,240円×26ヶ月=84,240円もの金額を支払わずに済むのです

わずかであってもこういったコツコツとした内部留保の積み重ねが、あなたの会社を安心させる材料になりませんか。

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!


キャッシュレス決済方法は複数持っていた方がいい理由

ここではAirPAYとPayPayの二つのキャシュレス決済方法を紹介しました。この2つは最低限でも導入しておいた方がよいキャッシュレス決済システムです。

とりあえずこの2つさえ導入しておけばいいと思うかもしれませんが、あと最低でも1つ、キャッシュレス決済システムを持っていた方がいいです。

電池がなくなって決済ができなくなった

困った画像

実際私がつい最近経験したことで、AirPAYのカードリーダーで73,440円の決済しようとしたところ、なんと電源が入らない。。。

私の仕事の場合決済は外ですることが9割以上なので、持ち運びできるAirPAYを使用しています。当然ながら持ち運びできるカードリーダーは充電が必要です。

AirPAYのカードリーダーは電源を切っておけば数ヶ月持つのは自分の体験上知っていました。しかしいつ充電したか覚えていないAirPAYのカードリーダーにもかかわらず「まあダイジョブだろう」と軽視してました。

そして決済のときの再現

お客さまジロレフ
支払いはクレジットカードで頼む。
店長みるく
はい!承知いたしました!

しかしAirPAYのカードリーダーは充電が切れていたようで全然電源が入りませんでした。

店長みるく
すいません、充電切れてました。。。
お客さまジロレフ
なんだと!!現金持ってないぞ!!どーすんだこのヤロー(ネコー)!!
店長みるく
すいませんすいません!!ああ困ったよー
次長しんげん
みるく店長!!車にSquare(スクエア)のカードリーダーがありますよ!!これ使えば73,440円決済できますよ!!
店長みるく
そうか!!そういえばSquareのカードリーダーも持っていたな!さすがしんげん次長だ!

このようなやりとりが本当に最近ありました!クレジットカード決済が基本のお客さまはあまり現金を自宅に用意してません。今更「現金でお願いします」なんてことは言えません。

しかし私はSquare(スクエア)のカードリーダーも持っていたのでそれで決済できたのでホントに助かりました。しんげん次長のおかげです(笑)。

こういったトラブルはオンライン決済ではありがちだと思います。少なくともクレジットカード決済システム、2つは導入しておいた方がこのようなトラブルにあっても対応できるので安心です。

 

月額固定費無料でカード決済導入!


カードリーダーとiPadが無料で手に入るAirPAYに申し込む


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です