野田市で最もお得にキャッシュレス・消費者関連事業に登録する方法を解説

キャッシュレスイメージ

こんばんは。野田市の情報を伝えるブログを運営する我瀬です。複数のサイトを運営することで収益をあげて自由気ままに暮らしてます。

これをご覧になっているあなたはきっと野田市内で企業やお店を運営していることでしょう。ここ最近、日本政府・経済産業省が主導で取り組む予定の「キャッスレス・消費者還元事業」という言葉を聞いたことがあると思います。

しんげん
キャッシュレス消費者還元事業?なんだそれ?

なんて人も多いかと思います。簡単に言えば、

キャッシュレス決済をしたお客様・お店双方にメリットがある

という日本政府が主導する事業なのです。なのであなたも絶対この事業の恩恵を受けた方がいいに決まってます!

焼き鳥屋しんげん
うちみたいな1人でやってるちっぽけな焼き鳥屋にはカンケーないよね。

と思っている個人事業主も少なくないと思いますが、全然関係あります。むしろ中小企業に向けた国の施策と言っていいと思います。焼き鳥屋しんげんみたいなちっぽけなお店こそ導入すべきです!!

焼き鳥屋しんげん
ちっぽけで悪かったな!!

ではこれからキャッスレス・消費者還元事業がどういうものか説明します。

キャッシュレス・消費者還元事業

この事業は前にも書いたとおり「お客さま、お店の双方にメリットがある」という事業なのです。具体的には以下の通りです。

  • お店側:クレジットカード決済の手数料が低くなる→現在3.25%くらいの手数料が2.16%に
  • お客さま側:クレジットカード決済することによりポイント還元がある→クレジットカード決済額の5%ほどが何かしらの方法でお客さまに還元される

1%以上も手数料が安くなるのは大歓迎です。もしあなたが100万円の売上をクレジットカード決済していたならば、1万円以上浮く計算です。

またお客さま側からみれば、決済額の5%還元されれば実質消費税は5%になったものと同じです。これならばいくら現金主義の日本人でもキャッシュレス決済に心が傾くはずです。

個人事業主がキャッシュレス決済を導入する方法

あなたがキャッシュレスを導入するためには、それを取り扱う業者と契約する必要があります。またその業者が経産省に申請し「キャッシュレス決済事業者」として認められている必要があります。

つまりキャッシュレス・消費者還元事業登録業者として認められたキャッシュレス業者に申し込み、審査が通過すれば、あなたのお店でキャッシュレス決済が行われれば手数料が安くなり、お客さまは5%ほどの還元を受けることができるのです。

なのであなたはキャッシュレス・消費者還元事業登録業社に申し込めばよいのです。2019年6月22日現在の登録業者のリストを上げるので参考にしてください。

キャッスレス・消費者還元事業登録業者一覧

焼き鳥屋しんげん
そうなのか!うちみたいなちっぽけなお店でも導入できる、キャッシュレスおススメ業者を教えてくれよ!!

焼き鳥屋しんげんの言う通り、私たちのような弱小個人経営者でも導入できるおススメのキャッシュレス業者をこれから伝えたいと思います。

とりあえず、以下の3つのキャッシュレスシステムを導入をおススメします。いずれも無料です。

おすすめキャッシュレスシステム1:Square(スクエア)

Square

Squareとはどんな会社?

Square(スクエア)とはクレジットカード決済会社です。日本ではスクエアエニックスというゲーム会社が有名ですが、無関係です。

Squareはアメリカで立ち上げられた会社です。創業者はTwitter社を創業したジャック・ドーシー氏です。あれだけ日本で普及されているTwitterを運営している創業者と同じなのだから安心できますよね。実際クレジットカード決済システム会社としては日本では大手です。

おススメする理由とは?

私は実際Squareのシステムを昨年7月より導入してます。そしてその私が実際導入してみておススメしたい理由は以下の通りです。

とにかく審査が早い

Squareは申し込んでからわずか数分で審査が完了します。とにかく早いのです。なので今すぐ導入したいと言う人には今すぐにでも申し込んでください。

個人事業主でもOK!事業の業種、形態、規模、または法人・個人にかかわらず、カード決済が導入できます!

月額費・固定費・カードリーダーが無料

squareカードリーダー

Squareに申し込み、審査が通過すれば無料でカードリーダーが手に入ります。ちなみに私が申し込んだ2018年7月は、一度自分でカードリーダーを購入し実際カードリーダーで決済を開始し、Squareに申請しカードリーダー代金をキャッシュバックという形で実質無料という内容だったので、若干手間でしたが、今は完全無料なのでかなりチャンスです。

もちろん固定費や月額費はかかりません。10年以上前はクレジットカード決済システムを導入するとなると、CAT端末という機器をレンタルするなどの必要がありました。もし今あなたがこんな状況ならば今すぐSquareを導入してCAT端末を解約すればキャッシュフローが多少なりとも改善するはずです。

個人事業主でもOK!事業の業種、形態、規模、または法人・個人にかかわらず、カード決済が導入できます!

おすすめキャッシュレスシステム2:AirPAY(エアペイ)

airpayトップ画像

AirPAYはどんな会社?

AirPAYを運営しているのはリクルートです。これだけ伝えれば信頼に十分値することと思いますのでこれ以上は説明はしません。

おススメする理由とは?

実は私はAirPAYも導入してるんです。Squareにすでに入ったのにあえて導入した理由を説明しますね。

QR決済ができる

今現在SquareになくてAirPAYにあるのはQR決済です。Squareも対応予定とのことですが、クレジットカード決済とQR決済ができることがAirPAYの大きな特徴です。今話題のPayPayやLINE Pay、d払い、中国では大手のアリペイやウィーチャットペイも使用可能なのは、中国人客が多い地域のお店では嬉しいことではないでしょうか。

店舗決済システムAirPAY
 

決済手数料以外全て0円で導入できる

エアペイカードリーダー

私がAirPAYを導入したのが2018年8月でした。審査に1ヶ月ほど時間がかかったのと、書類(店舗画像など)を揃えるのが若干面倒でしたが、無事審査が通過したというメールが届いてすぐ、カードリーダーや販促物が送られてきました。もちろん私は一銭もお金を払っていません。

そして実際クレジットカード決済を行い、振込手数料は無料で私の銀行口座に振り込まれました。もしあなたが月額費用を支払ってクレジットカードシステムを導入しているのならば、すぐやめた方がいいです。

ちなみに私は審査が1ヶ月ほどかかりましたが、現在は3日程度と公式HPに記載されています。かなり短縮されました。

店舗決済システムAirPAY
 

おすすめキャッシュレスシステム3:PayPay(ペイペイ)

PayPayトップ

PayPayはどんな会社?

知っている方は多いと思いますが、PayPayはSoftbankとYahoo!が出資して立ち上げた会社です。Softbankの会長である孫正義さんがかなり本気でキャッシュレス市場を奪っていく気概で取り組んでいると、投資家の中では話題になっていたくらいです。

昨年末のキャンペーンを知っているでしょうか?PayPayで決済したら20%還元される(限度額1ヶ月で5万円)という驚くべきキャンペーンで、還元額が100億円に達したら終了というキャンペーンでしたがわずか10日ほどで終わってしまいました。

これで2018年10月サービス開始時16万人だったユーザーが一気に500万人まで達したようです。

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!

おススメする理由とは?

もちろん私もPayPayは2018年10月のサービス開始時から導入しました。おそらく野田市では一番早く導入したのではないかと思います。

無茶苦茶なキャンペーンが今後も期待できる

ペイペイキャンペーン

PayPayは今年2月から「第2弾100億円あげちゃうキャンペーン」を始めましたが、5月末の期日までもたず5月中旬で終了しました。それでも第1弾よりはおだやかな内容でしたので、10日で終わるようなことはありませんでした。

しかし6月からはドラッグストア(PayPayを導入している)限定で同じように10%戻ってくるキャンペーン(Softbankユーザーは最大20%)を始めました。

野田市内ではスギ薬局、マツキヨ、セキ薬局が対象です。しかも「やたらと当たるくじ」(最大1,000円まで全額がキャッシュバックされる)がまだ行われていて、私はすでに5,000円くらいくじで当たってます(私はSoftbankユーザーなので確率が高い)。

キャッシュバックで戻った残高はPayPay加盟店はどこでも使えます。お腹を空かしたPayPay残高を持った見込み客が、あなたが経営する飲食店で「PayPay使えます」というのぼりを立てていれば、お客さまに選ばれる可能性がグーンと高くなるということです。

7月は飲食店のランチ向けのキャンペーンが予定されています。今後もこのようなキャンペーンがしばらく続くことでしょう。導入しておいて損はありません。

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!

本当に全部無料(期間限定)

SquareもAirPAYも月額費や固定費、カードリーダーなどが無料なので導入時に費用は発生しません。それはPayPayも同じです。しかし決定的に違うのが、決済手数料まで期間限定で無料なのです!!(2021年9月30日まで)。

さらにはあなたの銀行への振込手数料も2020年6月30日までは無料なのです。なお振込先をジャパンネット銀行に指定していれば一生無料です。カードリーダーなどの機器は必要ありません。

PayPayが用意したあなたのお店専用のQRコードだけあればよいのです。

QRコード

お客さまのスマホにインストールされたPayPayアプリからこのQRコードを読み取ってもらい、金額を入力してもらい決済するという簡単なシステムです。

2019年10月以降PayPayで同様のキャンペーンを行っていたとしたら、あなたがもし1,000円のランチを食べ、PayPayで決済したならば200円の残高バック、さらには政府の還元事業で5%の50円還元、合計250円が戻ってくるなんてこともありえます。

PayPayはすぐにでも導入した方がよいと思います。

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!

本当におススメするのは全て導入

私が本当におススメするのは、Square、AirPay、PayPay、これら全てを導入することです。このブログを読んできたあなたはわかっていると思いますが、私は全て導入しました。そしてシチュエーションで使い分けてます。

どういうことかと言うと、クレジットカード決済はSquareかAirPAYしか使えないのでどちらかになります。より入金が早いのはSquareです。なるべく早く現金を調達したい状況ならばSquareで決済します。またSquareはオンライン決済も可能なので、ネット販売での決済はSquareを利用してます。

個人事業主でもOK!事業の業種、形態、規模、または法人・個人にかかわらず、カード決済が導入できます!

特に急ぎで現金が欲しい状況でない決済はわずかに手数料が安いAirPAYを利用します。あとは電子マネー決済のときも利用します。

店舗決済システムAirPAY
 

AirPAYはPayPayも使えるようになりましたが、致命的な欠点が実はあるのです。AirPAYのカードリーダーを通してPayPayで決済した場合、普通に3.24%の手数料がかかるのと、入金が遅くなります。

あなたがPayPayの審査が通り導入していれば2021年9月までは手数料が無料なのと1万円以上の決済ならば翌日入金されます。だからこそAirPAYを導入していても別途PayPayは直に導入しておいた方があなたのビジネスにとってよいことだと思います。

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です