K’A’RCHER SC JKT20(ケルヒャー)スチームクリーナーは評判通りに汚れが落ちるか徹底検証

スポンサードリンク

ケルヒャースチームクリーナー画像

こんばんは。野田市の情報を伝えるブログを運営する我瀬です。複数のサイトを運営することで収益をあげて自由気ままに暮らしてます。

今年もあと1週間ですね。ネットビジネスと楽器に夢中な私は家事をおろそかにしてしまい、キッチンコンロやゴミ箱周りの汚れが放置されてる状態でした。

さすがにこのまま年を越すのはヤバイと思い、ジャパネットたかたのCMで気になったK’A’RCHER(ケルヒャー)の「本格スチームクリーナー」を買ってしまいました。

ケルヒャーのスチームクリーナーはジャパネットたかたなどで大々的に売られてます。CMではかなり汚れが落ちてますね(当たり前ですが)。でも

我瀬
本当にあんなにキレイに汚れが落ちるのかなあ?

と疑問に思いませんか?そんなあなたに、実際購入し、使用してみた私がレビューします!!

楽天でも公式オンラインショップがあります。こちらはジャパネットよりも部品が少し多いです。

 

結論から言えば、ケルヒャーのスチームクリーナーを買って正解でした。その理由をこれから伝えたいと思います。

まずはケルヒャースチームクリーナーのセット内容

ケルヒャーセット内容

ジャパネットたかたで購入したケルヒャーのスチームクリーナーは本体の他に上のような様々な付属品がついています。それぞれの役割を説明しますね。

①主にフロアーやソファーの洗浄に使用します。①の枠の部品を組み立てると掃除機のノズルのような形になります。使い方は掃除機と同じです。

②主にキッチンの換気扇や壁の戦場に使用します。白いマイクロファイバーをブラシ状の部品に被せて使用します。

③窓ガラスの洗浄に使用します。

④ガスコンロや風呂場の床や風呂の蓋、排水溝などの洗浄に使用します。用途多数あります。

ケルヒャースチームクリーナーを使用するには準備が必要

ケルヒャースチームクリーナーは電源を入れてすぐ使用できるわけではないんです。「スチーム=蒸気」なのでもちろん水が必要です。というわけで本体に水をまず注入します。

本体に水を注入する画像

セット内容にカップ(200ml)がついてます。本体に入る水の量は1000mlです。これ以上入れてはいけません、ていうか入れたらあふれます。

 

電源オンしたら赤いランプが着く

水を入れたら蓋をきちんと閉めて、スイッチをオンにします。すると赤いランプが点灯します。水を温め始めます。

 

ランプが緑に変わる画像

およそ6〜7分後、赤いランプが緑に変わります。こうなったら準備OKです。つまりケルヒャースチームクリーナーを使い始めるまでおよそ10分ほどかかるということです。

ケルヒャーでガスコンロを掃除してみた

ガスコンロ汚い画像

画像に載せるのは非常に恥ずかしいのですが、ガスコンロこんな汚いのです。前から掃除したくてしょうがなかったのですが、せっかくケルヒャーのスチームクリーナー買ったので掃除してみました。

先端にブラシをセットする画像

スチーム本体から伸びているノズルの先端にブラシを装着して洗浄します。

その様子を動画で撮影してみたので参考までにご覧ください。

掃除しながらの撮影だったんで、ちょっとわかりづらいかも。。。でも少ない労力で汚れはどんどん落ちていきました!!

フキンで拭き取る

スチームクリーナーで洗浄したあとはいらないふきんや雑巾などで拭き取ります。捨ててもいいものにしてください。

キレイになったガスコンロ画像

見違えるようになりました!!コンロの表面がテカってます。素晴らしい!!テレビCM映像は嘘ではなかったですね(まあ誇張している感は否めないですが。。。)。

Yahoo Shoppingで買い物するならば絶対手に入れておきたいのが、YJカード。最大1万円のTポイントがゲットできます。ほんとです。
Tポイントがザクザクたまる!

ケルヒャーでキッチンの床を掃除してみた

床の汚れ

これまた恥ずかしい画像ですが、キッチン生ゴミ箱前の床です。どうしても汚れてしまいます。この汚れをケルヒャーで洗浄してみました。以下がその動画です。

酷い汚れや行き届かない場所はさすがに落ちないようですが、ほぼほぼ落ちているのはわかるかと思います。床洗浄も実力あります。

キレイになった床の画像

目立った汚れは落ちたので満足です。今まで気になって気になってしょうがなかった場所がこんなにキレイになったので気持ちいいです。

あなたもやり残していることがあったらキレイにした方がいいですよ。気持ちがスッキリします。

ケルヒャースチームクリーナーの弱点は

ケルヒャースチームクリーナーの弱点をあげるならば、長時間使用出来ないということです。水は1000mlしか入れられないので、スチーム洗浄を連続して使用したならば、10分程度です。

なので汚れの酷い場所は10分ではキレイにならない場合があるのでさらに水を追加して洗浄する必要があります。

スチームクリーナーの蓋画像

しかしそこで大きな問題があるのです!!

ケルヒャースチームクリーナーには安全装置として、本体の水を沸騰させる部分つまり水を投入する場所がある程度冷めないと開かない仕組みになってるのです。

蓋を回すと回るのですが、温度が低くならないと空回りする仕組みになっているのです。しかも冷めるのにおよそ1時間要します。事故防止の対策としては素晴らしいのですが、効率の悪さは明らかです。

これが私が感じた弱点です。とはいえ、よく考えればうまく計画すれば段取りよくお掃除だけでなく、家事や趣味もできますよ。

例えば

10分洗浄→10分拭き取り→50分皿洗いなどルーティンの家事→10分洗浄→10分拭き取り→読み残した本の読書

こんな感じで計画立てれば様々なことが半日で達成できる有意義な時間にすることができます。なんでも工夫だと思います。

結果的に、ケルヒャースチームクリーナーを買って私はよかったです。これからもさまざまな場所をスチーム洗浄してキレイにしていきたいという気持ちが大きくなったのが一番のメリットかもしれないですね。

ご参考になれば幸いです。おすすめは楽天公式ショップです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へ


千葉県野田市ランキング

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です