野田市の働き方改革について語ってみたい

野田市の働き方改革について語ってみたい

働く人画像

今日はちょっと重たい話題。現在の安倍政権では「働き方改革」を重要視しています。これっていいことです。働き方改革は簡単に言えば、ブラック企業の撲滅だと思います。

きっかけは例の電通の女性社員があまりにも酷い労働時間を苦に自ら命を絶った事件かと思います。現在、日本において過多な労働時間でうつなどの精神病を患ったりする事例が少なくありません。

このことはやはり問題視されており、ブラック企業大賞まで行われているほど加熱しています。ちなみに2017年のブラック企業大賞は株式会社引越社・株式会社引越社関東・株式会社引越社関西でした。大賞になってもたぶん何ももらえません。


野田市内においてのブラック企業は

今ってものすごく人手不足です。どこも人がいません。私の知り合いの経営者数人から聞いてもやはり人手不足で悩んでいるようです。人がいないわけではないんです。「使える人」がいないようです。要は採用してもすぐやめてしまうとか。

野田市において電通クラスのブラック企業は聞いたことがありません。知り合いで野田市を代表するキッコーマン株式会社の社員の方がいるのですが、全くそんな問題はなさそうでした。さすがキッコーマンです。ただ海外出張が多く(その方の部署が)奥様にイヤミを言われるとか。確かに主婦からすれば、夫の仕事とはいえ海外に行けるのは羨ましいですよ。このイヤミは飲んでください(^^;

ただチェーン店においてはやはり人手不足が多いようです。例えば飲食店とかスーパーとか。私も接客業でアルバイトしていた経験があるのでわかるのですが、飲食店やスーパーはパート・アルバイトが主体です。

このパート・アルバイトが突然休むと休日の社員が駆り出されたりするのです。つまり、休日が減ります。昔は休みでも電話に出なきゃよかったのですが、今はスマホで様々な手法で連絡が取れたりします。便利なのか不便なのかといった感じ。

野田市に本社を置く企業について、今のところ「ブラック」的な企業は聞きません。

教員の実態

教師と児童

学校の勤務ってブラックだと聞いたことがあります。確かによく考えてみると学校の先生って大変です。朝は早いし帰りは遅いようです。小学生でいうと授業は9時前くらいでしょうか。さすがに9時前だからといって8時30分くらいに出勤するわけには行きません。

私はPTAの役員をしているので、先生たちとお話する機会があります。先生から話を聞くと朝6時30分くらいには出勤しており、帰るのは20時とかになるようです。もちろん毎日ではないようですが、おおよそそんな感じらしいです。

私も夜の学校には行ったことがあるのですが(所要です)何人かの先生は残って仕事をしていました。

小学校の先生ならばまだ部活動はそれほど多くはないでしょうが、中学生になると圧倒的に部活動が増えます。特にスポーツ関係の部活動になると、土日も部活動があります。野田市は吹奏楽がさかんなので、吹奏楽部も土日、しかも弁当持ちで部活があるところもあるようです。

これって先生休みがないんじゃない?

って思います。もちろん目標がありそれに突き進んでいくならば苦痛ではないでしょう。まあ部活動の場合は顧問が決めることなので、自分でコントロールできるでしょう。

ですが4年ほど前に野田市で事件がありました。それまで土日休みだったのを隔週で土曜日の授業を始めたのです。これはさらに教員にとってみれば負担大です。それに反発した野田市の現役教師が、教育委員会に脅迫状を送って逮捕されたというもの。

でもこの先生は生徒からも父兄からも慕われていたようで、「なんであの先生が」みたいな反響が多かったようです。抗議することはいいのですがやり方が問題でした。

先生という職はたぶん好きでなければ出来ない職業の一つだと思います。私とお話した先生たちも別に長時間労働に関して何も言ってません。きっと子どもたちが好きなのでしょう。野田市にはいい先生がいるのだと安心しました。

デフレがブラック企業をつくる

デフレっていいことないです。ものが安くなるのは家計を支える主婦にとっていいことですが、いいことばかりじゃないんです。要は「安かろう悪かろう」なのです。もちろん安くていいものもあるのは認めます。

でも基本的には価格と品質は比例します

これは普通です。これが保たれなければ経済は崩壊します。

不景気と言われている日本では、安いものを求められるます。そこで企業は「いかに安く作るか」を主点においてものづくりをしているのでしょう。

したがって「一見よさそうに見える」としてもすぐにダメになる商品が増えてきました。家電業界では売上よりも修理費が上回っていると聞いたことがあります。

つまりデフレはいいことを生み出さないのですね。

これはいち早く脱却すべき、人手不足とともに解決スべき問題だと思います。鈴木有市長にお会いできる機会があればちょっとお話してみます。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です