いきなりステーキが野田市にオープン初日に行ってみた・混雑状況などをレポート

いきなりステーキ店頭画像

みなさんこんばんは。野田市の情報を伝えるブログを運営する我瀬(わがせ)です。この前国道16号を走っていたらこんな看板を見つけました。なんとあの「いきなりステーキ」が野田市にオープンしました!オープンは10月31日。初日にかけつけました。

場所はどこって?野田市泉にあるやよい軒のとなりです。以前ラーメン屋さん(名前忘れた)だった空き店舗です。同じ敷地内にはCoCo壱やコメリ、SPORTS DEPOがあります。

やよい軒画像 スポーツデポ画像

混雑状況は?

いきなりステーキバナー

私は10月31日の12時30分くらいに行きました。かなり混んでるのかなあと覚悟しながら店舗まで歩いていったところ、全く並んでませんでした。実際に店内入ったら2名ほど席待ちでした。

私は友人1名と2名で行ったのですが、カウンターでよければすぐ案内してくれるというので、カウンター席を選択しすぐ席に着きました。入店して1分でした。かなり早かったです。まあ珍しいお店ってわけじゃないし。土日はそうは行かないと思いますが。。。

ミドルリブステーキが美味しい

ミドルリブステーキが美味!!

今回私が注文したのはランチ限定で1、980円(税別)のステーキでした。ライスは別だったので、ライス・サラダセットを別に注文しました。ランチにしてはちょっと奮発しちゃいましたね(^^;

セットサラダ

サラダセットのサラダです。ちっちゃいですけどこんなもんでいいですね。

ドレッシングなどの画像

カウンターには目の前にドレッシングを含む調味料がおいてあります。いきなりドレッシングとペッパードレッシングの2種類があります。私は辛めのペッパードレッシングが好きですね。

レアステーキ

注文時に肉の焼き加減を聞かれます。このミドルリブステーキはレアがおすすめと店員さんが言ってたので、レアにしました。こんな感じです。マジでレアでした。

レアの方が柔らかくて食べやすいと思います。ちなみにステーキソースは辛口と甘口があり、辛党の私は当然辛口を選択。赤身の肉と辛口の醤油ベース(?)のソースがマッチします。

私はステーキは霜降りより赤身の方が好きですね。アラフォーには霜降りは辛くなってきました。残念ながら。。。

一番人気はワイルドステーキ?

この店の一番人気がワイルドステーキかなと思います。200gでライス・サラダ付きで1,130円(税別)とステーキにしては安くないですか?300gでも1,390円です。多分これが一番人気でしょう。

そもそもいきなりステーキって何?

このブログをご覧になっているあなたはもしかしたらいきなりステーキを知らないかもしれません。そんな方にちょっとだけ企業情報など伝えます。気にならない人は飛ばしてください(笑)。

いきなりステーキを運営するのは(株)ペッパーフードサービスです。私も飲食業界に携わっていたことがあるので(私の会社はブラックでした)もちろん知っている企業です。ちなみに私のブラック企業体験記は以下のリンク先に赤裸々に語ってます。

(株)ペッパーフードサービスはペッパーランチという業態で主にイオンなどのショッピングセンターのフードコートに出店してます。近隣では流山おおたかの森駅構内にあるフードコートにペッパーランチがあり、お隣埼玉県春日部市では同社が運営する東京634バーグがあります。

また7、8年前くらいに野田一中の隣にあった、今はセブンイレブンとなっている場所に「ステーキくに」というものがありました。あのお店も同社が運営してるようです。

ランチメニューがお得

いきなりステーキランチ画像

いきなりステーキに初めて行く方にはランチがおすすめです。300gのステーキでも税込で1,500円程度とかなりリーズナブルです。ランチにしては若干奮発気味ですが、ちょっと臨時収入が入ったときに食べてみてください。ちなみに300gハンバーグは1,200円弱です。これくらいの価格ならランチでもありかな?

おすすめはリブロースステーキ

リブロースステーキ画像

ちなみに私のおすすめはリブロースステーキです。1グラムあたり6.9円とコストパフォーマンスは高いです。上の画像は300グラムでライスとサラダのセットで2,500円くらいしました。ちょっと奮発しちゃいましたね。

いきなりステーキの肉は基本アメリカ牛ですので(和牛もある)、赤身が中心です。したがって和牛のような霜降り肉ではありません。でも私のようなアラフォーたちにとって霜降り肉をお腹いっぱい食べるのは、健康的な面で危険だと思うしたぶんそんなに食べられません。赤身がちょうどいいですね。

いきなりステーキアプリをダウンロードしよう

いきなりステーキアプリ画像

いきなりステーキで注文した後、肉マイレージカードというものを任意で発行してもらえます。要はこれまで何グラム食べたかというのがわかり順位づけされてます。これある意味競争心が高い人は煽られそうですね。私は競争しませんが。

これもいきなりステーキの楽しみの一つかもしれません。しかしこのアプリを登録したとき確か「肉マネー」というものが1,000もらったと思います。ご察しの通り1,000円分として利用できるので、ちょっと高い肉を食べるのに使うといいでしょう。

いきなりステーキにはビジネスのヒントがたくさんある

いきなりステーキはこれまで話したとおり、かなり人気があります。私はビジネス的視点でもいきなりステーキの商品・サービスを見てました。その人気の理由を見つけてみました。

私の考えでは人気の理由の一つは価格がリーズナブルだということでしょう。さらに価格の見せ方に工夫があります

1グラム当たり8.2円

こんな表記をしてます。なんか安そうなイメージがないですか?

また注文時に肉を実際カットしてくれ(商品による)それを目の前で肉の状態とグラム数を見せてくれて店員にこの肉でいいかと確認されます。これも新鮮でした。なんか「これが私の肉!」ってな感じがします。

あなたのビジネスでもこんな見せ方などマネできませんか?大きなお世話かもしれませんが、流行するお店では勉強になることはいっぱいあると思います。

このブログ「野田市で起業しよう!」というタイトルなので一応ビジネス的な話題も提供していこうと思ってます(笑)。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へ


千葉県野田市ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です