第28回野田市関宿まつり花火大会の駐車場のキャパと周辺地区の渋滞状況と有料席情報

関宿花火ポスター

こんばんは。野田市の情報を伝えるブログを運営している「自由人」我瀬です。今回は第28回野田市関宿まつり花火大会について書きます。野田市関宿まつり花火大会は私自身数年ぶりなので楽しみです。最近ゲリラ豪雨が多いので天気だけが心配ですね。。。

駐車場のキャパはどのくらい?

駐車場

関宿まつりの駐車場は例年通りだと現場近くの河川敷です。およそ1、000台くらいは駐車できるんじゃないでしょうか。案内係の人がいますので、指示通り駐車すればすんなり停められると思います。

渋滞は大丈夫?

駐車場のピークは18〜19時くらいではないでしょうか。18時前に行けばまあ大丈夫かと思います。周辺地区の渋滞もこのくらいの時間ならばさほど混まなかったと記憶してます。ただ花火終了後のある程度の渋滞は覚悟しましょう。

駐車場は県道沿いの河川敷なので帰る車は境町方面(茨城県)、国道16号方面の二通りと利根川を渡って春日部方面とこの3方向に別れます。どの方面も信号はさほど多くなく駐車場から一度道路に出てしまえば割とスムーズに動くようになると思います。

去年と違う注意点

去年と大きく変わった点として「駐車場が有料になった」ということです。1台500円かかります。確か昨年以前は無料だったと思います。まあ500円ならば許容範囲かと思いますが、もしかしたら多少は車での来場が減るかもしれませんね。

サンダルは避けた方がいい

あとこれは私の経験ですが、サンダルで来るのはやめたほうがいいですね。もちろん草はちゃんと刈ってあるのですが、芝生ではないので地面の草はある程度は伸びてます。サンダルだと草が足元に刺さることもあるので、ちょっと痛いです。あとは虫除けスプレーも必須です。

有料観覧席の情報

おそらく今回からかと思うのですが3種類の有料席が設けられてます。さらにはそれぞれに特別有料観覧席特典が3つついています。

3種類の有料観覧席の詳細

8月13日現在の情報
お座敷席 8名 24,000円 売り切れ
テーブル席 5名 10,000円 空きあり
マス席 5名 5,000円 空きあり

今回導入された有料席はお座敷席・テーブル席・マス席の3種類です。8月13日現在お座敷席のみ売り切れとなっているようです。

今回おそらく初めてなのでどんな感じの席なのかは予想でしか伝えられません。お座敷席はくつを脱いで上がれるような広い席の感じでしょうか。8名分座れるようです。

テーブル席は文字通りテーブルと椅子が5名分ある感じです。よく野外イベントであるようなプラスチックの丸テーブルに囲んで座る感じですかね。

マス席は河川敷の地面をロープかなんかで区間わけされた部分を自由に使っていいって感じかなと思います。そこに自分ちから持ってきたテーブルなどを使えばまあ、そこそこいいのではないでしょうか。運動会みたいな感じで思ってればいいと思います。

今回私はテーブル席かマス席を購入しようと思ってます。実際の状況はまた今後この記事に追記したいと思います。来年以降の参考になるかと思います。

有料席3つの特典とは

今回の有料席には特典が3つついてます。

  1. 豪華商品の当たる抽選券
  2. 会場併設の専用駐車場
  3. 有料観覧車専用バーの利用

以上の3つが特典でついてます。1の豪華商品ってどんなのかというと、県内有名レジャー施設のペアチケット(まずディズニーリゾートと思われます)、ポータブルゲーム機(ニンテンドースイッチか?)などが当たるらしいです。お座敷席には8枚、その他の席は5枚つくようです。当たったらラッキーですね!!

2の専用駐車場はうれしい限りです。ただ有料観覧席から近いかどうかは行って見なければわかりません。近くてなおかつ専用の出入り口があればいうことなしです。

3の専用バーはどうなのでしょうかね。並ばずに帰るということでしょうか。屋台がどれだけ並んでいたか忘れましたが、ビールなどのアルコールは追加注文することが多いので、そういった視点からみると、並ばずにおかわりができるのはうれしいかもです。

有料観覧席はこちらのページから申し込みできます。

またファミマ各店内にあるファミポートという機械を使って購入可能です。店員さんに聞けば多分教えてくれると思います。

無料の観覧席はあるの?

無料観覧席

花火大会会場は河川敷なので席という形で無料のものはありません。上の画像のような場所にブルーシートを敷いて座って観覧する人が多いですね。ただここだと飲食が難しいですよね。ビールとおつまみで観覧するならばやはり有料観覧席ですよね。

橋の上画像

またすぐ近くに橋がかかっているので、この橋から観覧する人もいます。まあそんなにたくさんの人は観れませんけど。。。

有料観覧席は人数で割ると座敷席は一人頭3,000円、テーブル席ならば2,000円、マス席は1,000円となりそれほどハードルも高くないと思います。今回がおそらく初めての試みだと思いますので、ちょっと有料観覧席を試してみますね。

屋台やトイレは?

屋台の画像

屋台は種類も数も豊富にあります。混雑状況はやはり花火の時間帯が近くなる19時くらいからは結構混むと思います。花火中もですね。

私が行った3年くらい前かな、トイレは仮設トイレが横一列に20台くらいならんでいて、そこから数メートル離れたところに縦1列でならび、トイレが空いたところから順番に入っていくシステムです。その年は結構混んでいたので要注意ですね。

スーパー画像

すぐ近くにJOYという食品スーパーがあるので、そこのトイレを借りてビール1本買って帰るっていう手も、並ぶより時間がかからず済む可能性があります。また花火当日はこのスーパーの店頭でもやきそばなどいろいろ売ってたと思います。

野田市関宿まつり花火大会の場所と時間は?

この日は実は野田市関宿まつりが行われていてその中のメインイベントが花火ということです。

場所はの正式名称は「関宿総合公園ふれあい広場」です。

おまつり自体の時間は14:00から21:00となっていて、ステージやイベントごとがいろいろあるようで半日楽しめます。

花火は20:00からのスタートです。1時間ですね。ちょっと短いかな。また雨天や荒天の場合は翌26日(日)に順延、さらに26日もダメな場合は9月1日(土)に順延とのことです。

車以外でのアクセス方法は?

野田市関宿まつりに車以外で来る方法は、東武アーバンパークライン川間駅からバスという方法ですね。バスは多くても1時間に4本程度、だいたいは3本程度です。時間に余裕をもっていきましょう。

川間駅のバスの時刻表はこちらから

8月25日はおそらく野田市の夏の最後の大きなイベントですね。夏の思い出いっぱいつくりましょうね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へ